フォント頒布 : Nu らっかせい

千葉県が 2006 年に発表した「ちば」というロゴに着想を得て、平仮名五十音を揃えたフォントです。下描きは 2007 年の時点で出来ていたのですが、当時はフォントを制作できる環境になかったので、十年越しで完成させました。使い道はやっぱりロゴの作成でしょうか。本文としてはあまり読みやすくありませんが、目が潰れるほど読みにくいわけでもないです。

仮名は全て全角等幅で(※)、元のロゴに合わせて余白(ベアリング)を広めに作ってあります。まともなロゴとして使う場合は字間の配分を手動で調整した方がいいです。ギュッと詰めて使うのも面白いと思います。(※ 独立濁点・半濁点のグリフは全角ではありません。)

元ネタのロゴと同様に、横書きにするか縦書きにするかで濁点の位置が変わります。但し、縦書きで正しく動作しないアプリケーションもあるようです。フォント制作に使ったアプリケーションが古いのもあって(Glyphs 1.4.5)、縦書き対応が不充分になってしまいました。将来、Glyphs 2 に移行したら解決するかも知れません。

お使いのアプリケーションが OpenType‐フォントの stylistic set に対応していれば、一部の仮名の字形を微妙に変更できます。文字列全体に適用してもいいし、気になる字だけ選択して個別に適用してもいいです。作りたいロゴの目的に応じて利用して下さい。

収録字種

以下の字種を収録しています : あ〜ろ わ ゐ ゑ を ん が〜ぼ ぱ〜ぽ ゔ ぁ ぃ ぅ ぇ ぉ ゃ ゅ ょ っ ゎ ー ゛ ゜

お試しコーナー

お使いのブラウザーが対応していれば、次の枠内を自由に書き替えられる筈です。

せつぶんにぴいなつをまくところもある

利用条件

このフォントを以下の形態で使う際、フォント作成者(さゆぬ)に個別の許可を求める必要はありません。フォントの作者名など(クレジット)を表示する必要もありません。目的が営利か非営利かは問いません。

無許可でのフォントの再頒布は許諾範囲に含まれません。このフォントを他人に紹介したい時は、本ウエブページを紹介して下さると幸いです。

もし、このフォントの使用によって何らかの損害が生じた場合、フォント作成者はその責任を負いません。

フォントの入手

意図したフォント名は「Nu らっかせい」ですが、技術的な制約で、今のところ「Nu Rakkasei」とローマ字で表示されます。