フォント頒布 : Nu ツルンコイマイ

ニンテンドウ 64 の『ゼルダの伝説 : 時のオカリナ』と『ムジュラの仮面』の作中世界で使われているハイリア文字を、原作ビットマップの描写に従ってほぼ忠実な形に再現したフォントです。日本語の平仮名・片仮名として解読できるので、このフォントも平仮名・片仮名の領域にグリフを割り当ててあります。なお、「ハイリア文字」と言ったら恐らく『風のタクト』の方が有名かと思いますが、それとは別物です。

従来、ロクヨンのハイリア文字を描いたフォントは二種類ほど出回っています。一つは Omniglot というサイトで配布されている物、もう一つは「Hylian 64 by BRPXQZME」として頒布されている物です。どちらも「忠実な再現」というわけではなく、独特の解釈で字形を描いてあります。また、仮名(あ、い、う…)ではなくラテン文字(A、B、C…)の領域にグリフを割り当ててあります。仮名にハイリア文字を割り当てたフォントは知る限りでは存在しません。

作中での位置付け

『時のオカリナ』では、例えばカカリコ村の門に「かかりこむら」、ロンロン牧場の門に「ろんろんほくしよう」、汎用の木製看板に「にんてんとう」といった用例が見られます。ただ、このように意味が通る部分はむしろ稀で、多くは無意味な文字列が書いてあります。宿屋でない所に「やとや」と書いてあったり、碑文の内容が「たちつてとなにぬねの…」だったり。『ムジュラの仮面』のクロックタウンにも用例は多いのですが、「こゆ」「つるんこいまい」「りこまこり」など無意味な文字列に終始しています(フォント名の由来です)。

そもそも発売当時はプレイヤー向けに文字の説明が全くなかったので、大半のプレイヤーは解読可能と認識していなかった筈です(筆者含む)。つまり実際の所、「解読させるというアイデアがあったが、開発の途中で没になり、それ以降は単なる飾りとして使われた」という感じに見受けられます。

『時のオカリナ』のソフト内部を解析した人の報告によると、このハイリア文字の全グリフが(風のタクトみたいに)メッセージウインドウに表示できる形式で残っているそうです(→ The Cutting Room Floor)。Nu ツルンコイマイは主にこうした資料を参考にしてグリフを再現しました。

ロクヨンゼルダの二作品はニンテンドー 3DS で『時のオカリナ 3D』『ムジュラの仮面 3D』としてリメイクされましたが、その際にハイリア文字も改めて手入れされて、晴れて色んな所に使われるようになりました。ロクヨンの時点で無意味文字列が書いてあった部分は意味の分かる言葉に置き替えられ、原作になかった貼り紙なども増えて解読の楽しみが増えました。今では『ハイラルヒストリア』にも文字表が載ってるそうですし、結構 認知度が上がってるかも知れません。

ちなみに、ロクヨンの低解像度テクスチャーで描けるようにデザインされているお陰で、ドットマトリクスに非常に効率良く表示できます。

原作との関係

フォントに収録されているグリフの基本的な部分は原作に従っていますが、原作にない要素も含まれます。もし原作の真似をしようとするなら使い方に気を付ける必要があります。原作との関係について説明が必要な点を以下に列挙します。

収録字種

お試しコーナー

お使いのブラウザーがウエブフォントに対応していれば、次の枠内が Nu ツルンコイマイで表示されます。自由に書き替えられます。

シーでおねがいします なにかをうってください

利用条件

このフォントは原作『時のオカリナ』『ムジュラの仮面』で描かれている字形をほぼ忠実に再現した物であって、作成者(さゆぬ)の独自の創作をほとんど含みません(なるべく使いやすいように工夫してはいますが)。そこで、作成者はこのフォントの利用について制限的な規約を設けません。但し、このフォントの使用が原作者の権利の侵害とならない事を保証しません。フォントの使用によってその他の損害が生じない事も保証しません。

「決まり」ではなく「お願い」として、このフォントを他人に紹介する時は、フォント自体を渡すのではなく、このページを紹介してもらえたらありがたいです。

フォントの入手

意図したフォント名は「Nu ツルンコイマイ」ですが、技術的な制約で、今のところ「Nu Tsurunkoimai」とローマ字で表示されます。