フォント : Nu ワッカオイ

Nu ワッカオイは、いわゆるモダンゴシックに分類される和文書体です。細かい装飾を持たない簡潔な字形で、キッチリ・スッキリした印象の文字組みを実現します。極細から極太まで 21 段階という幅広く一貫したファミリーを持つのが特徴です。今のところ漢字を含みませんが、一般的な他の和文書体と混植しやすいので、お手持ちのフォントに Nu ワッカオイを組み合わせる事で違った表情を持たせる事が出来ます。

本文向きのウエイト M1、M2、M3、M4 は無料です。次の書体見本ではこれら四種類を選択できます。

ワッカオイとはアイヌごのことばで、「みずのあるところ」をいみするそうです。これにゆらいするちめいは、いくつかのちいきにのこっています。
だぐでん゙どぱん゚た゚く゚て゚ん゚ 1234567890 H2O 12⁄34
“The quick† brown fox JUMPS OVER THE LAZY‡ DOG.”

字形について

Nu ワッカオイの字形は、装飾的要素のない単純な直線と曲線で構成されます。とは言え「その字らしさ」を損ねるような極端な単純化は避けて、読み手にとって違和感のない骨格を維持しています。仮名は右上がりの勢いを抑制し、一字一字が真正面を向いた落ち着いた佇まいを持っています。大きく緩やかな曲線を使っているので全体的に柔らかい雰囲気を持ち、まじめさの中にも厳格さより優しさを感じさせる書体です。特に極太では、線の終端を僅かに丸く張り出させて、カドのトゲトゲしさを抑えるようにしています。

極細から極太までの〈ゑ〉を同じ位置に重ね合わせた図です。極太では線の端を丸く張り出させる処理が効果を発揮します。
最も細いウエイトである L1 は、全角一辺の百分の一の太さで全ての線が描かれます。

ウエイトの分布

Nu ワッカオイの大きな特徴の一つがウエイトの豊富さです。極細の L1・L2・L3・L4・L5・L6 から、中間の M1・M2・M3・M4・M5・M6・M7・M8・M9 を経て、極太の H1・H2・H3・H4・H5・H6 まで、一続きのファミリーとしては他に類を見ない幅があります。画像や文書の中で、太さを使い分けながらも一貫性を維持する事が出来ます。

全体として「太さ」より「濃さ」の安定性に重きを置いており、字形の込み入った部分はかなり線が細くなります。こうした調整は他の書体でも多かれ少なかれ行われていますが、Nu ワッカオイの中間ウエイトはこれが顕著です。画面や紙面から一歩引いて眺めた時の「黒っぽさの均質感」を出しやすいと思います。

極細と極太は見出し向け、中間ウエイトは本文向けを想定した調整になっています。中間ウエイトの仮名は(モダンゴシックとしては)字面が少し小さめで、字間にゆとりがあるので、長文を組んでも読みやすいです。対して極太ウエイトでは潰れるギリギリまで隙間を埋めるようにデザインしています。両極端のウエイトである L1 や H6 は、小さく印刷すると読みづらいし、かすれ・潰れを避けられないので、大きく装飾的な用途にしかオススメしません。

同じファミリー内でもウエイト帯によって雰囲気や使い勝手が違います。L1〜L6 はピンと張った糸か針金のような緊張感、あるいは風通しの良い涼しげな感じになります。M1〜M7 辺りは扱いやすい本文向きの太さで、太めでもまだ余裕があります。M8〜H2 辺りは相当な迫力が出てきます。H3〜H6 は線というより広い平面と捉えた方がいいかも知れません。

ウエイト L1・L6・M5・H1・H6 の平仮名の例です。
ウエイト L1・L6・M5・H1・H6 のラテン文字の例です。

混植

Nu ワッカオイ M1〜M7 の辺りは濃さの近い和文書体が豊富なので、既存フォントの漢字に対する仮名の差し替えに Nu ワッカオイを利用しやすいです。特に、Nu ワッカオイの L5・L6・M1〜M6 は、ヒラギノ角ゴシックの W1・W2・W3〜W8 とほぼ一致するように刻んであります。

H1 より太い方では一致すると言える書体が少ないのですが、漢字は仮名より線が多いので、本来的に仮名よりも「濃い」事が多く、太い仮名とそこそこ合わせる事が出来ます。漢字の字面が大きければ最適です。例えばヒラギノ角ゴシック W9 は、Nu ワッカオイの H3 辺りと合わせてもさほど違和感がありません。

他の主な印刷書体とウエイトの対応関係を示した図です。主に平仮名同士で濃さを見比べて、主観的に判定しました。
ヒラギノ角ゴシック W6 の漢字に対し、Nu ワッカオイ M4 を混植した例です。ほぼ問題なく馴染み、ヒラギノの仮名とは異なる表情を出せます。
ヒラギノ角ゴシック W9 の漢字に対し、Nu ワッカオイ H3 を混植した例です。太さがちょっと違いますが、全体を眺めた時の大きさと濃さは大体馴染んでいると言えそうです。

使用例

Nu ワッカオイを使ってみた例を幾つか掲載します。

見出しは L5(ヒラギノ漢字 W1)。本文は M1(ヒラギノ漢字 W3)。
上段は和文 M9、欧文 M7。下段は和文 M7、欧文 M6。
Nu ワッカオイ L3(ヒラギノ漢字 W0)。
Nu ワッカオイ H6、字間・行間詰め 6.67%。
Nu ワッカオイ H6 にフチを付けてみた例です。

その他の詳細情報

上記以外の細かい部分の説明です。なお、字形切り替えなどの機能に触れていますが、これを利用するには OpenType‐機能に対応したアプリケーションが必要です。

欧文と和文の位置関係

メトリクス上のベースラインに対し、和文の全角ボディーは八分の七がアセンダー側に、八分の一がディセンダー側に来ます。つまり全角の中心は、ベースラインから上へちょうど 0.375 em ずれた位置です。

欧文の実字形はメトリクス上のベースラインなどと若干ずれていますが、ベースラインとキャップハイトの中間が、実字形としての大文字の高さの中心と揃います。そして大文字の中心は、和文の中心軸と完全に一致するようになっています。

バツ印と乗算記号

乗算記号(U+00D7、×)は加算記号(+)などと調和するようにデザインしています。マル印(○)に対応するバツ印は U+2715(✕)に割り当てています。

マルに対応するバツは U+2715(✕)に在ります。足し算に対応する掛け算は U+00D7(×)です。
濁点付き仮名

平仮名と片仮名の各 48 字(あ〜ん)に対し、濁点付き・半濁点付きの字形を用意しています。仮名の直後に合成用濁点か合成用半濁点(U+3099、U+309a)を置くと自動的に結合字形に切り替わります。また、合字が効かないアプリケーションでも利用できるように、私用領域に結合済みグリフを割り当てています。「私用領域」の節を参照して下さい。

括弧類の連続

括弧や句読点が連続する場合、余分な空きのない半角字形に自動的に切り替わります。

ダッシュの連続

エムダッシュ(U+2014、―)は前後に少し余白を持っていますが、複数連続する場合は継ぎ目なく接続する字形に自動的に切り替わります。

分数表記

分数用の斜線(U+2044、⁄)に隣接する算用数字は、左上の分子と右下の分母に自動的に切り替わります。

大文字・小文字に揃う記号

欧文のハイフン(‐)、コロン(:)、インターパンクト(·)は、初期状態では大文字や和字に中心が揃う高さとなっています。ラテン文字の小文字やピリオドなどが隣接する時だけ自動的に小文字の高さに切り替わります。

全角化

フィーチャー fwid を有効にすると、非全角文字が全角字形に切り替わります(対応する字形がある字のみ)。

等幅数字

初期状態の数字は可変幅ですが、フィーチャー tnum を有効にすると、等幅の数字に切り替わります。

肩付き・下付き文字

フィーチャー sups、subs、sinf を有効にすると、数字が肩付き・下付きに切り替わります。

私用領域

私用領域には濁点・半濁点結合済みの仮名のグリフを配置しています。画像や印刷物を作る過程で、もし必要なら次の表からコピーして利用できます。でも「仮名 + 合成用濁点」を正しく処理できるアプリケーションであれば、私用領域のグリフを使う必要は全くありません。

‐0‐1‐2‐3‐4‐5‐6‐7‐8‐9‐A‐B‐C‐D‐E‐F
E80‐
E81‐
E82‐
E83‐
E84‐
E85‐
E86‐
E87‐
E88‐
E89‐
E8A‐
E8B‐
E8C‐
E8D‐
E8E‐
E8F‐

こうした私用領域の文字は他のフォントと互換性がないので、通信には使用できません。文字としてインターネット上に書いても、受信側が同じフォントを使わない限り、同じ字が表示されません。

参考として、合成用濁点・半濁点を用いた「本来の」符号化表現を次に書いておきます。こちらは標準として定められた符号なので、フォントを問わず、受信側のコンピューターでも同じ文字を表します。しかし対応していないアプリケーションに貼り付けると濁点の位置が崩れたりするかも知れません。

あ゙い゙え゙お゙な゙に゙ぬ゙ね゙の゙ま゙み゙む゙め゙も゙や゙ゆ゙よ゙ら゙り゙る゙れ゙ろ゙わ゙ゐ゙ゑ゙を゙ん゙

あ゚い゚う゚え゚お゚か゚き゚く゚け゚こ゚さ゚し゚す゚せ゚そ゚た゚ち゚つ゚て゚と゚な゚に゚ぬ゚ね゚の゚ま゚み゚む゚め゚も゚や゚ゆ゚よ゚ら゚り゚る゚れ゚ろ゚わ゚ゐ゚ゑ゚を゚ん゚

ア゙イ゙エ゙オ゙ナ゙ニ゙ヌ゙ネ゙ノ゙マ゙ミ゙ム゙メ゙モ゙ヤ゙ユ゙ヨ゙ラ゙リ゙ル゙レ゙ロ゙ン゙

ア゚イ゚ウ゚エ゚オ゚カ゚キ゚ク゚ケ゚コ゚サ゚シ゚ス゚セ゚ソ゚タ゚チ゚ツ゚テ゚ト゚ナ゚ニ゚ヌ゚ネ゚ノ゚マ゚ミ゚ム゚メ゚モ゚ヤ゚ユ゚ヨ゚ラ゚リ゚ル゚レ゚ロ゚ワ゚ヰ゚ヱ゚ヲ゚ン゚ㇷ゚

収録字種

日本語の文章に必要な基本的な文字集合である JIS X 0208 を基準にすると、それに対して Nu ワッカオイで不足しているのはギリシャ文字・キリル文字・漢字です。これらを別のフォントで補う事で大抵の日本語を組める事になります。

ヨーロッパ全域で必要な基本的な文字集合と言える ISO/IEC 8859 各部については記号とラテン文字を全て収録しているので、フランス語・トルコ語・ポーランド語など多くのラテン文字系の表記に完全対応しています。ベトナム語などは未対応です。

ラテン文字
  • ASCII ラテン文字
  • ISO/IEC 8859 拡張ラテン文字(全ての部)
  • これらの範囲に出現するダイアクリティック(合成用及び単体)
仮名
  • JIS X 0208 平仮名と片仮名
  • JIS X 0213 アイヌ語表記用の拡張片仮名
  • 平仮名・片仮名の各 48 字種に対する濁点・半濁点付き字形
記号(句読点類を含む)
  • ASCII 記号
  • ISO/IEC 8859 記号
  • JIS X 0208 記号、その多くの全角形
  • その他の一部の記号

利用条件

このフォント(Nu ワッカオイ v2.0.0)には無料版と有料版があります。どちらについても共通で、フォントを正規の方法で取得した人は、作者(さゆぬ)に個別の許可を求める事なく、下記の範囲でフォントを利用できます。この範囲を逸脱する使い方については、御相談下さい。

画像などの作成と公開

このフォントに収録されている字形などのデータを使って文書・画像・動画などを作り、それをインターネット上に公開したり、出版したりできます。営利目的かどうかは問いません。作者名など(クレジット)を表示する必要もありません。

フォントの再頒布

このフォント自体を再頒布(送信可能化)してはいけません。他人に紹介したい場合はフォントファイルを渡すのではなく、公式ウエブページへ誘導して下さい。

フォントの改変と頒布

このフォントに由来するデータを使って新たなフォントを作成し、それを私的な環境にインストールできます。それを頒布してはいけません。ここで言う「新たなフォント」とは、一字づつ切り出した画像など、フォントと同然に使用できるデータを含みます。

アプリケーションなどへの組み込み

アプリケーションに収録された不変の文字列を表示する目的で、このフォントデータをゲームなどのアプリに組み込んで頒布できます。但し、技術的にフォントデータを取り出せない状態となっている必要があります。

免責

このフォントの使用によって何らかの損害が生じた場合、フォント作者はその責任を負いません。

また、有料版のライセンスには次の決まりが加わります。

機器の台数

販売されたライセンス一個につき、このフォントを次のどれか一項に当てはまる環境で使用できます。

  • 主な使用者が共通である三台のコンピューター
  • 一世帯で保有されている三台のコンピューター
  • 二台か一台のコンピューター

個々の機器にインストールする場合、その台数を指します。フォントサーバーから取得するような構造の場合、それに接続してフォントを取得できる状態の機器の台数を指します。また「主な使用者」とは、その機器の(演算装置の稼働時間の)五割以上を使用する人を指します。ライセンス購入者とは限りません。

転売

このフォントは転売できません。

フォントの入手

このフォントは Pixiv が運営している Booth という外部サイトで頒布しています。初回は利用者登録が必要ですが、単純ですし、ほかの方々のフォントも陳列されているので見に行ってみて下さい。

全 21 ウエイトのうち、M1、M2、M3、M4 は無料で使用できます。そのほかのウエイトは有料です。無料ウエイトで動作を確認してから購入される事をお勧めします。

更新履歴

2018/3/21 (ver. 1.0.1)
「を」「ん」「せ」など一部の字形を微修整しました。また「Nu ワッカオイ平線」の同梱を開始しました。
2020/1/11 (ver. 2.0.0)
  • 既存の全てのグリフを見直しました。
  • JIS X 0208 の記号、アイヌ語用片仮名、濁点付き・半濁点付きの仮名、ISO/IEC 8859 ラテン文字と記号を追加収録しました。
  • ウエイト名を従来の「T1〜T3、W0〜W15」から「L1〜L6、M1〜M9、H1〜H4」に変更しました。
  • H1 以降のウエイト間隔を従来より広げて太くした上で、更に H5 と H6 を追加しました。
  • 「Nu ワッカオイ平線」の同梱を停止しました。