ヨッシーアイランドの解釈の一例

一章

3

早い物で、赤ちゃんがやって来てから一週間が経った。其の朝もお日様はご機嫌。森の上空の、ひんやりとした空気の層の更に上に広がる高い雲は、橙色や青・紫に取り取りに色付き始めていた。はや起きの小鳥たちの歌が其所彼処かしこから聞こえる。ヨッシーたちも、そろそろ起き出す頃だ。

「ん…」

桃色が目を開けた。腕を突いて起き上がり、ゆっくりと辺りを見回す。

「あれ…?」

あくびをして、もう一度、ぐるり首を回す。


「うわぁ赤ちゃんがいなーい!!」

桃色の悲鳴が、空を突き抜ける。枝々で眠りに就いていた鳥たちは一斉に飛び立ち、他のヨッシーたちも跳ね起きた。

「なっ、何事!?」

「いいいないの、寝てて、夜は、いて、このとなりにぃ!」

腕を振り振り、言葉に思考が追い付いていない桃色。目に渦が巻いている。

赤ちゃんは昨夜、誰かが添い寝をしてあげている訳でもなく、ヨッシーたちの真ん中辺りに転がっていた。其れが今朝になって、消えていたのである。

「ワケワカンネェ」

赤が首筋を掻く。

「夜中、勝手に動き回っちゃったのかな?」

茶色はまだ寝惚け眼だ。

「最近活発になって来てたからなぁ…。」

小さいあくびをし、口を軽く押さえる水色。

「近い。」

紫が呟いた。

「まだ赤ん坊だもん、そんな遠くへは行ってないはず。捜そう。」

緑が靴を履いて立ち上がると、他のヨッシーたちも其れに続いた。


「赤ちゃーん!」

「赤ちゃんやーい!」

「〈やーい〉って普通言わないよねー!」

ヨッシーたちは、互いの姿が見える程度の範囲でバラバラになって、周囲の森を捜し廻った。赤ちゃんの小さな体が隠れていないか、足許の茂みに首を突っ込み,木の幹の陰を一箇所ずつ覗き込む。地面近くの見通しが悪い森の中では、不用意に足を踏み出せば赤ちゃんを踏んでしまうかも知れない。急ぎつつも慎重に,そして丹念に、赤ちゃん捜しは続けられた。

三十分程経ったろうか。明け方と呼ばれる時間帯は既に過ぎ去り、辺りの気温も大分上がって来ていた。而し赤ちゃんの姿は見えない。

「あっ」

未だに声が寝ている黄色が、低木の茂みを掻き分けてふと独り言。

「見付かった?」

茶色が草の陰から起き上がり、曲げっ放しの腰に手を当てて伸びをする。同時に、緑・青・水色など、辺りの木陰から他のヨッシーたちも顔を出した。

「ほら、キムトトの実がなってる。今年はじめて。」

右手に、藍色の小さな粒が幾つか付いた房を取り上げて見せた。

「あっ、喰わせろ!」

赤は其れを見るや否や、下生えを薙ぎ倒し乍ら走り寄って来た。

「だめ、ぼくの。」

赤が辿り着くより前に、黄色は実を口に抛り込んで終った。

「まだちょっとすっぱいなぁ」

「クソッ、まだなってるか?」

「熟してないのならねー。」

「…そういう話は、問題が解決してからにしないかな。」

緑は、半ば諦めた様に言った。

「でも、どこに行っちゃったんだろう。こんなに捜しまわっても見つからないなんて」

桃色が、顎の辺りに片手を添えて首を捻った。

「誰かが連れてっちゃったとか…?」

水色は、ゴツゴツとした木の幹の根本の、粗い茂みに屈み込んで、地表に積もった枯れ枝・枯れ葉を掻き分けていた。こんな所から赤ちゃんが顔を出すなんて考えられないのだが、もう見る所と言ったらそれぐらいしか思い当たらない。

「否――近くに居る。」

紫は立ち上がり、静かに目を瞑っていた。

「でも、見付からないよ?」

茂みの中から水色が顔を突き出した。

と、其の頭の上に、細い木の枝が落下して来た。訝し気な声と漏らし、其の枝を指でつまんで頭上を見上げる水色。周りのヨッシーたちの視線も、其れに導かれる。

「げ。」

水色の真上、ヨッシーの身長三人分ぐらいの高さの辺りに伸びた太目の枝の上に、赤ちゃんがちょこんと坐っている姿。枝を跨いで両手で枝を摑み、此ちらを見下ろしている。

「あっぶねー!!」

「助けてやれ水色! 早く!」

「はっハいっ!」

青が指示を飛ばす。背筋を硬直させる水色。動転した様子で上に手を伸ばし,幹に摑まり、そして上を見上げ乍ら両手で木を揺すった。

「バカ、落とす気かっ、舌だ舌!」

密に育った低木を漕いで、赤・青が近寄ろうとする。水色は真上に向かって一直線に舌を伸ばす、而し高過ぎて今一歩届かない。

其の時赤ちゃんが動き出した。大あくびをした後、ハイハイで枝の先端へ移動し出す。

「ヤバイヤバイ何で動くんだよ!」

「跳べ、跳んで舌を伸ばせ!」

青の指示に、一度膝を折って跳び上がる水色。空中でバタ足をして其の位置に滞空。其の儘舌を伸ばそうとするが、ふら付いて落ちてしまった。

ヨッシー特有の能力として、少しの間重力に逆らって根性で空中に踏み止まる事が出来、此れを〈踏ん張り〉と呼ぶ。而し此れは相当の気合い・根性を要する為、空中に位置を保って何か別の行動を取るのは、ヨッシーであっても運動神経に優れていないと難しいのだ。

周りのヨッシーたちが口をぽかんと開けた儘見守る中で、青が先ず水色の許に辿り着いた。

「ぼくはふんばりが苦手なんだよぉ…」

「肩車だ、乗れ」

水色が反応するより前に青は屈んで水色の両足に首を入れ、立ち上がる。

「うわっちょちょちょっとぉ!」

ヨッシーは基本的に撫で肩であり、而も背中のトサカが当たって痛い。不安定極まる肩の上で、水色はふらふらしつつ何とか青の頭に両手を掛け、上へ舌を伸ばす。而しやはり狙いが定まらず、どうしてもあさっての方向へ行ってしまう。

「ヘタクソ! オレがやる」

赤が直ぐ近く迄やって来た。水色が転げる様にして地面に尻餅を搗くと、青は赤の方へ移動――

其の瞬間、赤ちゃんがよろめいた。小さな体が枝を軸に回転し。赤ちゃんは両手でぶら下がろうとし。そして其の次の瞬間、ころん。

一瞬だった。地に尻を搗いた儘の水色が当てずっぽうに出した舌が、赤ちゃんを、受け止めた。

舌に引き寄せられて赤ちゃんは水色の胸に戻り、水色は赤ちゃんを胸に乗せた儘、糸が切れた様に仰向けに倒れた。

少しの静けさの後。水色が弱々しく笑った。

「まさか、上にいるとはね……足下ばっかり見てた。」

一拍置いて、ヨッシーたちの其所此所から、小さな笑い声が漏れた。空気がやっと生気を取り戻した感じがした。

「ったく、遂に木にまで登るようになったか。」

赤が赤ちゃんに目を遣って、軽い溜め息を吐いた。赤ちゃんは楽しそうに両腕を振っていた。


朝っぱらからの大騒動ですっかり疲れてしまったヨッシーたちは、取り合えず赤ちゃんを連れて川に出た。着いた途端に茶色などの数人が地面に這い蹲る。

「うー…腰痛い……。」

対照的に、至って元気そうな桃色は、ぽんぽんと手を叩く。

「さあ、すっかり遅くなっちゃった。くだものをとってこよう。」

「いってらっしゃーい。」

緑は突っ伏した儘手を振る。

「たまにはみんなもやってよぉ、起きてるのに手伝ってくれないのはルール違反!」

「朝寝ていれば手伝わなくて宜い、と云うのも不可解な話だが。」

桃色の背後で、青が冷めた様子で言った。

「そうだよ、そう! みんなちゃんと起きてよ!」

「其も其も桃色が穫る理由も無いが。」

「そうだよ! みんな自分でさがしてよ!」

「まあどうでも宜いが。」

「そうだよ! どうでもい…くない。とにかくほらっ、みんなシャキッとして! 行こうよ!」

茶色やら黄色やらは、うーだのあーだのと唸り乍ら、ふらふらと立ち上がった。

「…でも赤ちゃんどうするの? 連れてく?」

緑が桃色に尋ねる。

「別に、背中に乗っけてきゃいいんじゃん?」

赤が横から口を挟んだ。

「いや、危険だ」と青がすかさず否定する。

「確かに危ないよね、背中の高さは茂みの細かい枝が突き出てるから。」

「木の実を探すのに夢中になって背中に注意が行かなくなる、って事もあるね。」

緑と茶色が続けざまに言った。

「わーったわーった、オレが悪うございましたよ。」

赤は両手を振った。

「ボク、ここで休んでていいかな…。」

水色は坐り込んだ儘、疲れ切った様子で言う。

「なら赤子は水色に任せれば良いな。」

青が頷くと、水色はほっと息を吐いた。

「じゃ、行こうか。水色、赤ちゃんちゃんと見ててよ。」

桃色は一度背を向けてから、振り向いて念を押した。

「はーい。ぼくの分忘れないでねー。」

水色は一際大きなあくびをした。

「…赤ちゃんちゃんこ見ててよ。」

紫色が独り言をした。


島の南側の此の地方は、ヨッシーたちが好んで暮らしているだけ有って、冬を除いた大概の季節に何らかの食べられる果実が見られる。辺りを少々巡っているだけで、七人は間も無く空腹を満たした。先程黄色が食べて終ったキムトトの実も、熟した物が僅か乍ら見付かり、ヨッシーたちは其れで満足した。

ジャンケンで負けた茶色が、木の葉の上に少しの果物を持って、先頭で川原に戻って来た。

「黄色〜、」(※ 原文の儘。〈水色〉の誤り)

茂みを掻き分けて川原へ近付きつつ、茶色が呼び掛ける。而し返事は無い。

「ほら、お前さんの分だぞー」

木と木との間から顔を出す。と、其所に在ったのは、横に引っ繰り返った水色の姿。

「…寝てら。」

「あーあー、ちゃんと見ててって言ったのにぃ」

桃色も後ろから覗き込む。赤ちゃんは近くに見えない。

緑が其の更に後ろで呟いた。

「「見ててって」って〈て〉ばっかりだね」

直ぐ隣の黄色が、困った顔をした。

「ミテテッテッテテバ??」

「ててってっててー」

一番後ろで紫が妙な言を口走った。

「あれー、またいないよー?」

茶色・桃色から順に、川原の砂利の上に足を踏み出した。川岸一帯を見回すが、赤ちゃんの姿は無い。

「あっ、あれ」

赤が川の一方向を指指した。其ちらに視線が集まる。――居た。ハイハイをする赤ん坊の後ろ姿が、水面に半分浸った状態で動いていた。パッと見、大きな帽子が流れに逆らって浮かんでいる様にも見える。

「…あれは…いいのか?」

「木に登るなら、川も渡るかも知れんな…。」

青が、腕を組んだ儘肩を竦めた。

さっきと違って焦った雰囲気は生まれなかったが、其れでも放置する訳には行かないので、赤ちゃんに一番近い茶色辺りを先頭に、数人が救い出そうと近付いて行く。其の時、

ずっ。どぽん。

赤ちゃんが転けたと思ったら、其の姿は直後に水に吸い込まれる様に消えた。

「マズい、深みに落ちたか」

茶色が駆け出そうと前傾した其の一拍の後、

「びえぇぇえぇんえんえんえ〜!!」

凄まじい声の衝撃。赤ちゃんは帽子とバラバラに、浮きつ沈みつし乍ら回転して流れて行く。

「捕まえろ!」

赤が咄嗟に指示を出す。茶色が走り乍ら舌を出そうとする。石に足を取られて突んのめる。

赤は茶色を踏み付け、最前列に躍り出て舌を発射する。舌の先端は過たず川の真ん中の赤ちゃんを取り上げ、一瞬で川岸へ引き寄せて降ろした。而し赤ちゃんは一層泣き喚く。

青が其の横に出、同様にして素早く水の上の帽子を取り上げる。赤ちゃんの頭に載せると、赤ちゃんはぴたりと泣き已んだ。

「ったく、腕白にも程が在るぞ。」

赤ちゃんの両脇を持って持ち上げ、青は叱った。赤ちゃんは腕を伸ばして青の鼻をぺたぺたと叩いた。