ヨッシーアイランドの解釈の一例

一章

6

明け方の薄暗い森の中で、水色ヨッシーはぼんやりと眠そうに坐っていた。周りにはヨッシーたちが横になって寝ている。水色の横で、赤ちゃんも寝息を立てている。

やがて赤色のヨッシーが、唸り乍ら起き上がった。

「…お、水色、やけに早いな」

水色は弱々しい声で答えた。

「うん…昨日の変な奴が気になって、眠れなくて。」

「気の小せぇ奴だなぁ。オレは、今日出発するのが楽しみでぐっすり寝たぜ。」

それはず太いって言うんだよ、と水色は言いかけて止めた。と言うか普通、楽しみなら逆に眠れないんじゃないのか。

靴を履いて、伸びをし乍ら立ち上がる赤。

「あ〜あ、なんかやたら早く目ぇ覚めちまったなぁ」

辺りをぐるっと見渡して、「おっ」と何かを見付ける。茶色の体を跨いで忍び足で近付き、其所に屈み込んだ。其の前には、青が背中を向けて静かに眠っていた。

「へぇ、こいつが寝てんの見るのはめずらしいよな。」

青の顔に鼻先を近付けてまじまじと観察する。

「…寝顔はけっこうかわいいンぐぁっ」

無防備になった腹部に衝撃を受けて倒れる赤。横になったまま青は目を開けて、赤の腹が在った空間に軽く握った片手を浮かせていた。

「油断するな。」

水色は其の一部始終を、やはりぼんやりと眺めていた。


朝の白い光が木々の下に射し込んで来るに連れ、ヨッシーたちは順に起き出して来、寝ているのは黄色だけとなった。

桃色はいつも通り茂みの中に這入って、大きな葉を器にして果物を採っている。手伝いに呼ばれた赤・水色・青・紫・緑も其の近くに分散していたが、赤はどうも木に登ったりして遊んでいる。

「……まだ熟していない。…此の色は甘みが少ない。…小さ過ぎる。」

「青〜、あまりこだわんないでいいよ〜?」

一向に器の上の果物が増えない青に、桃色が困った様な声を掛けた。

「いま食べる分のほかに、持ってく分も採らないといけないんだから。」

然う言って他のヨッシーたちに目を遣ると、紫の器の上にはどっさり集まっている。而し載っているのは、緑色だったり茶色だったり如何いかにも食べられなそうな物ばかり。

「紫はちょっとはこだわってよ〜!」

「食い得ぬ事は無い。」

紫は、明らかに熟していない薄緑色の実を手に取って齧り付いて見せた。

「あ〜ん、足して二で割りたい」

桃色が体を揺すると、器から実が数個転げ落ちた。

茶色は食料集めに参加せず、先程迄ヨッシーたちが寝ていた辺りで、うんうん呻いていた。埃っぽい芥子からし色の背負い鞄を前にし、鍋やら庖丁やら其の他の調理器具・食器類に囲まれている。赤ちゃんは其の隣に行儀良く坐って見ている。

「うーん、こりゃどうやっても入らないよ。」

鍋を片手に取り上げて呟く。紫が応えた。

「置いて行けばい」

「そんな、おナベがなきゃおいしいもの食べられないよ」

茶色の横で口を開けてぐっすり眠っていた黄色が、ガバと起きて主張した。

「あ、黄色、起きたなら手伝って」と桃色が呼ぶ頃には黄色は復た眠りに落ちていた。

「んもぅ」

「どれ、貸してみろ。」

直後に青が戻って来ると、木の実を傍らに置き、茶色に手を差し伸べた。


充分な量の食べ物が確保された後、緑は「水を汲んで来るよ」と言い遺して、金物の水筒を三本程持って一人川へ向かっていた。

――これを汲んで戻ったら、支度は完了。すぐ出発するだろう。僕も含めてみんな楽しみにしてるし――まず森を出て、原っぱを渡って――ああ、この森にも何年住んだっけなぁ…

取り留めの無い色んな事を考え乍ら、飛び出た枝をけ,或るいは跨いで進むと、間も無く、木々の間に川原が見えて来た。いつもと変わらず、太陽の光を受けて白く輝いているのが遠くからも見える。

異変に気付いたのは、もう少し近付いた時だった。


「っちょっとみんな来てー、川が変〜!」

赤が、未だに眠りこけている黄色の脇腹を爪先でつついていると、木々の向こう側から緑の声が聞こえて来た。

「何だ、変って。」

青は鞄の中に有った紐で鍋を茶色の肩に結わえ付け乍ら、声のする方へ首をひねった。即座に水色・桃色・紫が見解を述べた。

「水が逆流してるとか」

「水が止まってるとか」

「魚がコサックを踊っているとか」

「……最後の、想像が付かないんですが。」

鍋を背負って不満な茶色の横で、赤が立ち上がって声を張り上げた。

「変って何だァーっ!」

「あのー、えーと何てんだっけ、濁ってんのー!」

返事は直ぐに戻って来た。

「――濁ってる?」

「青、ちょっ痛い痛い」

茶色が肩を紐で締められて、もがいた。

「って言うかやっぱり鍋を背負うのはどうかと思うんですけど」


やや暫くして、緑以外の七人のヨッシーたちが川原の方にやって来た。

「うわ、きったねぇ水」

垂れ下がったつたを手で除けて、先頭の赤が思わず声を漏らす。緑が手で示す先には、泥色に濁った川が在った。

「こりゃあ飲めないなぁ。」

後を追って茶色が川原に足を踏み込んだ。背負った鍋が横の木の幹に当たって鈍い音を立てた。

「ね、濁ってるでしょ。――水の量は増えてなくて、ただ濁ってるみたいなんだ。」

もう一度ぐるりと川原を見渡す緑。

「上流でなんかやってるのかな。」

茂みの中から、桃色が頸を伸ばして言った。桃色の背中の赤ちゃんも頸を伸ばした。其の後ろに他のヨッシーたちが続き、水色が鞄を背負っている。

茶色は川に手を浸し乍ら、

「ちょっと見に行ってみようか?」

「なにもなかったですよ〜。」

予期せず、頭上から声がした。一斉に見上げると、空の青を透かして、頰笑んだ様な顔の‘おたま’が一匹浮かんでいる。其の姿を見て、川原に辿り着いた桃色が言った。

「あっ、近所のみんなにあいさつしてくるの忘れてた。」

「いいよめんどくさい。」

赤がけんどんに言った。

「だめだよ、ちゃんとあいさつしていかないと…」

「おはよう、みなさん。けさはまたなにやらニモツにナベなどもって、いっしょにどこかへおでかけですか。」

おたまが話し始めた。

「うん、ちょっとね。遠出するんだ。」

緑が答えた。

「それはどうして。」

「いや、大した目的はないんだけどね。どっか別のところ行きたいなーって。」

「では、どこへいくんですか。」

桃色が、赤ちゃんを手に抱いて言った。

「とりあえず山の方めざすの。赤ちゃんが指さすから」

「へえ、そのあかちゃんが。」

其の場で二周回転するおたま。

「それで、水を汲んで持って行こうと思ったんだけど……」

緑が再び川面に目を遣った。

「この状態だよ。」

「で、何もなかったってのは?」

赤が尋ねる。

「はい、ぼくはきょう、日ののぼるちょっとまえに、水をのみにここへきました。でもそのときにはもうすっかりこのようににごっていましたので、ようすを見にさかのぼってみました。しかしどこまでいってもずっとにごっていますので、もどってきたのです。」

「じゃあ、もっとずーっと上流か。」

「予定変更して、原っぱじゃなくて川を辿って出発する事にしようか?」

茶色が提案する。

「そうだね、必ず原っぱを通らなきゃいけないわけじゃないし。」

「途中でちかくの人に会えたらあいさつできるしね。」

「くだものがたくさんある方がいいなぁ。」

緑と桃色と黄色が賛同した。

「でも、この川は少し上行くと川原がなくなるから、歩きづらいじゃん。」

赤が反対する。

「それに、せっかく旅立ちだってのにいつもの森ん中通ってくのヤだし。」

「おなかが減るのはやだなぁ。」

黄色も反対した。

「でも、上流がどうなってるか気にならない?」

茶色が赤を説得しようとするが、赤は答える。

「オレはとにかくさっさと出発したいんだよ。」

其の時、腕を組んで聞いていない様な顔をしていた青がふと口を開いた。

「此の川は大きく迂回している。予定通り針路を山へ取って数日進めば、屈曲して来た上流に突き当たる筈だ。」

赤はポンと手を叩いた。

「そら、上流の様子ならわざわざ、さかのぼらなくても分かるってよ。」

「だったら…それでもいっか。」

茶色と緑は頷き合った。

「ええっ、あいさつしてけないじゃない」

桃色が抗議する。

「どこにいるのかすぐ分かんねえし、別に言うことなんかないだろ。あきらめな。」

「まあ、今日の午前中には出たいからねぇ。」

赤と茶色が言った。桃色は、ぶう、と頰を膨らませた。

「では、いつもどるのですか?」

もう一つ、おたまが尋ねた。ヨッシーたちはふと固まってしまった。戻る時のことは考えてなかった。

「……あっちの方がどんな所なのか分からないから…」

緑が呟く。自分に問い掛ける様にして。

「数ヶ月で戻って来るかもしれないし、もっと掛かるかもしれない。」

「まあ、気ままにやって来るから、」

赤が、『もういい』と云う風に両手を振った。

「早く行こうぜ。昼んなっちまう。」

「ぼく、もうおなかへってきたよ。」

黄色が呟く。

「じゃあ、みんな出発していいかな? 忘れ物はないね?」

口々にはーいと返事をする。桃色は不満そうに川面に目を遣っていた。

「それではいってらっしゃい。」

おたまは渦を描き乍ら飛び上がる。と、空中で思い出した様に停止し、「ももいろのヨッシーさん、あいさつのことはよろしくおまかせあれ。」然う言い残して木々の枝葉の向こうに消えた。桃色は突然自分が呼ばれてきょとんとしていた。

「さて――、」

緑は川の下流を振り返った。生い茂る木々の向こうに、きらきら輝く野原の草が見え、山々が遥かに青く霞んでいる。

「行こう。」

緑は自分で頷いて、足を踏み出した。ヨッシーたちは其の後に従った。

「さぁて、この先にいったい何が待ち受けているのでしょうか!」

赤は心底嬉しそうだった。他のヨッシーたちも釣られて頰笑んだ。緑も笑み乍ら、ふっと視線を横に遣って言葉を漏らした。

「いつ戻るのか、か…」


野原には暖かい日射しが満ちていた。ひとところのほつれも無い一面の草の絨毯の上を、爽やかなそよ風が渡り、見上げればずっと上空に、大きな鳥が一羽、ゆっくりと旋回し、

「ねーそこのヨッシー八人衆!」

「どっか行くんだって〜?」

「さみしくなるねー!」

近隣の皆さんが別れを惜しんで蹤いて来た。先程と別のおたま数十匹に,黄色・白・薄紫のパンジーさん数十人。

「あのおたま…。」

青がげっそりとしてこぼした。

「みんな来てくれてありがとー!」

桃色はにこにこして、お見送り客と握手したり,抱き合ったりしている。

「ねーねーおみやげ買ってきてねー」

「もっかい赤ちゃんさわらしてー」

他のヨッシーたちも、来たら来たで皆と笑い合っている。振り向かず先頭をずんずん進む、赤と青のほかは。